太い眉コンプレックスからの脱出方法

私は昔から自分の太い眉を嫌だと思っていました。

今でもそれは変わらず、前髪で隠している状態です。

前髪を使って隠していても、自転車に乗ったり走ったりすると浮き上がってしまって

結局意味がないんですけどね。

こういうちょっとしたことで眉が見えるのが私には不快で、

今まで何度も細くしようと努力してきました。

でも、どれだけ頑張っても、もともとの眉が太いし、量も多いから、

思うように細くなってくれません。

無理やり細くしようと思うと、逆に眉の存在が不自然になってしまいます。

違和感を感じるくらいだったら何もいじらない方がいいと思って、

今は眉の周囲の散らばっている毛だけを抜いています。

これらの毛も太く、どんどん生えてくるから、気を抜くとすぐ生えてきて

汚く見えてきてしまうため、毎日処理します。

昔一度、はさみで眉の先端を切ったことがあります。

長さを短くすれば濃さをごまかせるのではないかと思ったのです。

結果は案の定うまくいかず。ただジョリジョリとした毛になるだけで、

眉を薄くするという悩みを解決させることはできませんでした。

眉の長さを短くしても、元が太いからどうも中途半端な印象だと

自分では思ってしまいます。

薄くするための努力は過去、色々やってきたつもりです。

今は潔くいじらずに太い眉のまま生活していますが、コンプレックスであることに

変わりはなく、できるだけ隠すようにしたり、人と面と向かって話さないように

しています。

太い眉のせいで顔全体が濃く見えてしまい、どちらかというと男顔だと思います。

目力がある、個性的と友人は言ってくれますが、個性よりも目力のある、

普通の顔を目指したいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加