私が細眉からナチュラルな太眉への変身を遂げるまで

初めて眉のお手入れを始めたのは、中学一年生の時でした。

当時は細眉ブームで、芸能人の皆さんもみんな細眉。

ブラウンの眉ペンで細く釣り上がった眉を描くのが流行っていたように思います。

その流れで学生時代はずっと細眉で過ごし、専門学校へ進むと

原宿系のファッションを楽しむようになりました。

当時読んでいた原宿系ファッション(青文字系とも言う)雑誌に載っていた

カリスマ読者モデルたちは、みんな薄眉でした。

薄く、短い、存在感を消した眉毛でデカ目効果絶大!

みたいな感じだったと記憶しています。

もちろん私もカリスマ読者モデルを真似て薄眉に変身。

すると眉毛が生えてこない部分が出てきて、部分ハゲのようになってしまいました。

専門学校を卒業して企業に就職しましたが、オフィスカジュアルなファッションに

薄眉が浮いていました。

更に時代の変化で太眉が主流になってきていて、以前のように眉ペンで

しっかり描いた眉では古臭い、田舎くさい顔になってしまうのです。

どうにかして太眉に変身したい!と思った私は、まず前髪を目の上ギリギリで

パッツンに切りました。これで眉毛は見えません。

そして、眉毛にまつげ美容液を朝晩塗り、ひたすら眉毛が生えてくるよう願いました。

すると、一ヶ月ほどたった頃、眉毛は無駄な毛も含めてかなりフサフサに

変身していました。ここで、最新の雑誌を何冊も見て、自分に似合いそうな眉を選びます。

最近の流行りは「ナチュ太眉」らしいですね。理想の眉の形に丁寧にカットし、

無駄毛は眉用のカミソリで処理しました。

ここで、自分で整えるのではなく、美容院や化粧品カウンターで眉カットを

お願いするのもいいかもしれませんね。

やはり一旦眉毛をフサフサの状態まで生やし、理想の形に整えるのが

一番の近道だと思います。

一度やってしまえば、あとは眉マスカラで色を乗せるだけです。

スッピンでも、眉毛があれば大分マシです。

以上、私が太眉にチェンジした方法でした。

チェンジ後の眉メイクはすごくラクなので、皆さんも試してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加